/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト ハイテク大手に向かい風 大統領選にらみ政治リスク

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=川内資子】3日の米株式市場でハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は大幅に続落し、ほぼ3カ月半ぶりの安値水準で終えた。アルファベット傘下のグーグルなどについて「米当局が反トラスト法(独占禁止法)違反の調査を準備している」との報道が相次ぎ、主力のハイテク株が軒並み大きく下げた。米政権による強硬な貿易政策だけでなく、2020年の米大統領選に向けての政治リスクが意識された。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン