/

スズキ取締役、インドの潜在需要「コロナで全部消えたわけではない」

スズキ(7269)の長尾正彦取締役は3日、2020年4~6月期の決算説明会で、主力のインド市場について「潜在需要が全部、新型コロナウイルスで消えたかというとそうではない」との見方を示した。市場動向に動きが出てきている兆しがあると指摘したうえで「より小さい車で安価、低価格の車を従前より求めるところが地域によって出てきている」と話した。

もっとも、インドでの新型コロナの感染はいまも拡大中で「日を追うごとに感染者が増えている」と指摘。未定とした通期の業績見通しについては、インドでの感染動向の見極めがつかないことから「いつの時期に見通しが出せるか、時期も含めて未定だ」と述べた。

新型コロナの状況を見据えて、手元資金を厚く持っておきたいとの理由から、この4~6月期に「新たに銀行から4000億円の借り入れを実施した」とも話した。6月末時点の現金残高は7672億円で「万全のキャッシュフロー体制を整えている」と強調した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン