米ファーツリー、JR九州株を一部売却 保有比率3.06%に低下

2020/8/3 15:41
保存
共有
印刷
その他

米投資運用会社のファーツリー・パートナーズがJR九州(9142)株を一部売却したことが3日、わかった。共同保有分を含めた保有比率は7月27日時点で3.06%と前回報告時点の6.10%から低下した。ファーツリーが3日、関東財務局に提出した変更報告書で明らかになった。

ファーツリーは今年6月、JR九州の株主総会で取締役選任などの株主提案をしたが、否決された経緯がある。今回提出した変更報告書では、7月27日に複数の共同保有者がJR九州株を処分していた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]