/

この記事は会員限定です

株、過去最大の原油逆襲も響かず しぼむオイルマネー

[有料会員限定]

3日午前の東京株式市場で日経平均株価は前日比54円高の1万7873円で終えた。朝方に200円超上昇した後は上値の重さが目立つ。サウジアラビアとロシアが原油減産で合意するとの観測が突如浮上し、前日のニューヨーク(NY)原油先物相場はわずか1日で25%高と過去最大の「逆襲」を演じた。だが、買いが強まったのは石油関連にとどまり全体の押し上げには力不足だった。中東産油国の財政悪化を背景にしたオイルマネー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン