/

三菱重の4~6月期、最終赤字579億円 のれんの減損響く

三菱重工業が3日発表した2020年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が579億円の赤字(前年同期は163億円の黒字)だった。カナダの航空機大手ボンバルディアの小型機「CRJ」の一部事業の買収に伴う、「スペースジェット(旧MRJ)」事業に配分するのれんの減損などが響いた。

売上高に当たる売上収益は前年同期比15%減の7780億円、事業損益は713億円の赤字(前年同期は404億円の黒字)だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自動車向けのターボチャージャー(過給器)などを手掛ける物流・冷熱・ドライブシステム部門が大幅に落ち込んだほか、民間航空機向けの構造材は生産調整を実施した。

21年3月期(今期)の連結業績見通しは従来予想を据え置いた。売上収益は前期比6%減の3兆8000億円、最終損益はトントン(前期は871億円の黒字)を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン