/

仮想通貨、安全対策強化へ外部技術委など検討 テックビューロ流出受け

仮想通貨の業界団体である日本仮想通貨交換業協会(東京・千代田)は、テックビューロ(大阪市)から不正アクセスで約70億円分の仮想通貨が流出した問題を受け、安全管理対策の強化を検討する。金融庁が3日に開いた有識者による研究会で同協会の奥山泰全会長が表明した。

交換業者内部のネットワークセキュリティーに自主規制を設けることやネットに接続したコンピューターで仮想通貨を保管する「ホットウォレット」で必要以上に仮想通貨を管理しないように制限を加えるといった内容を挙げた。外部の技術委員会の早期設置も検討する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン