/

この記事は会員限定です

ユーロ2年ぶり安値 強まるドイツ懸念、高まる金融緩和の思惑

[有料会員限定]

3日の東京外国為替市場でユーロ売りが加速し、対円、対ドルでともに2017年春以来、約2年ぶりの水準を付けた。米中の貿易摩擦の悪影響がユーロ圏最大の経済力を誇るドイツ経済に本格的に波及し始め、欧州中央銀行(ECB)が金融緩和姿勢を強めるとの見方が急速に広がったためだ。景気下支えのため、ECBがより積極的な金融緩和に乗り出さざるを得ないとの思惑がユーロ売りを促している。

朝方からユーロには断続的に売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン