トヨタ、6月の中国販売は2割増 ホンダは5カ月連続前年割れ

2020/7/3 15:43
保存
共有
印刷
その他

【NQN香港=川上宗馬】トヨタ自動車(7203)が3日発表した6月の中国での新車販売台数は前年同月比22.8%増の17万2900台だった。プラスは3カ月連続。前月に続き、新型「カローラ」や「レビン」などの主力車種のほか、高級ブランド「レクサス」や多目的スポーツ車(SUV)の「RAV4」が好調だった。1~6月の累計は前年同期比2.2%減の75万3100台となった。

ホンダ(7267)が同日発表した6月の中国販売は4.1%減の14万2363台だった。5カ月連続の前年割れで、マイナス幅は前月(1.7%減)から拡大した。車種別では「シビック」の販売が2カ月連続で2万台を上回った。1~6月の累計は17.9%減の61万2007台だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]