/

シャープに対し米企業が提訴 スマホ技術の特許侵害で

シャープ(6753)のスマートフォン(スマホ)の一部技術が特許を侵害しているとして、米国の特許管理会社がシャープ本体と米子会社に対し損害賠償を請求する訴訟を起こしたことが、3日分かった。シャープが同日付で関東財務局に提出した臨時報告書によると、特許管理会社「ノバ・インテレクチュアル・ソリューションズ」(米国・テキサス州)が6月12日に提訴したという。損害賠償額については訴状には記載されておらず、今後の裁判の過程で決めていくもようだ。シャープは「提訴の内容を精査した上で、適切に処理していく」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン