/

この記事は会員限定です

米中、追加関税猶予で合意 市場はこうみる

[有料会員限定]

米中両国は1日に開いた首脳会談で、米国側が年明けに予定していた中国への追加関税実施を猶予することで合意した。今後90日間と期間を区切り、知的財産保護など中国の構造改革に関して協議を続ける。今回の合意を市場はどうとらえるか。関係者に聞いた。

〈株式〉

日経平均2万3000円まで上昇も 機械や電子部品の買い続く

倉持靖彦・みずほ証券投資情報部部長

米中両国は1日の首脳会談で、米国による追加関税の発動を90日間猶予することで合意した。今回の「一時休戦」はマクロ、ミク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1363文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン