7/14 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東エレク3万円、アドテスト7000円 みえた株価の「壁」[有料会員限定]
  2. 2位: 米ファイザーの新型コロナワクチン、FDAが優先審査
  3. 3位: 富士通ゼ、20年来の「守り」脱却 2大投資・還元最高に[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均が反落、終値197円安の2万2587円
  5. 5位: 半導体2兆円買収 帰ってきた合併の月曜日(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,001,120億円
  • 東証2部 68,095億円
  • ジャスダック 92,082億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率18.90倍20.42倍
株式益回り5.28%4.89%
配当利回り2.06% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,587.01 -197.73
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,570 -140

[PR]

国内株概況

日経平均、大幅続落で始まる 通商摩擦の激化で全面安

2019/6/3 9:10
保存
共有
印刷
その他

3日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落して始まった。始値は前週末比273円32銭安の2万0327円87銭。米国と各国との通商摩擦に対する警戒感から、株価指数先物に運用リスクを回避する目的の売りが優勢となった。前週末の米株式相場の下落や円高・ドル安の進行も投資家心理を冷やし、幅広い銘柄に売りが出ている。業種別ではガラス土石製品や非鉄金属などの下げが大きくなっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム