2017年11月22日(水)

株、銀行株が映す変化の兆し 外患もくすぶる買いのマグマ

2015/7/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 3日午前の東京株式市場で日経平均は底堅く推移した。前引け時点では90円ほど下げたが、日経平均への影響が大きいファストリが大幅安になった影響が大きい。ファストリを除けばほぼ横ばいだった。5日に緊縮財政策の是非を問うギリシャの国民投票を控えて買い手控えムードが広がりやすい中、相場を支えたのは日本企業が変わるとの期待だった。

 市場にくすぶる「買いのマグマ」を象徴したのは三井住友FGだ。3日付の日本経済…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報