/

村田製作所の純利益13%減 4~12月、スマホ部品苦戦

村田製作所(6981)が3日発表した2019年4~12月期の連結決算(米国会計基準)は、純利益が前年同期比13%減の1467億円だった。スマートフォン向けの「フィルター」と呼ばれる電子部品が苦戦したほか、減価償却費の増加や為替差損なども響いた。

売上高は4%減の1兆1711億円、営業利益は11%減の2008億円だった。主力の積層セラミックコンデンサー(MLCC)は、次世代通信規格「5G」の基地局向けなどで好調だったが、電子部品の在庫調整などの影響を受けた。

あわせて、配当予想を上方修正した。期末配当予想は50円と、47円としていた従来予想から3円上積みした。年間の配当予想は97円となる。

20年3月期の連結業績見通しは据え置いた。売上高は前期比4%減の1兆5100億円、純利益は18%減の1700億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン