/

東芝、綱川社長の賛成比率89%に 総会で決算報告行わず

東芝(6502)が6月28日に開催した株主総会で、綱川智社長の取締役選任議案に対する賛成比率が89%だったことが明らかになった。東芝が3日提出した臨時報告書で判明した。前年は87.06%だった。前年は97~98%台だった他の8人の取締役の賛成比率は90%前後だった。

東芝の定時株主総会は決算報告のない異例の形で開催した。今後、2017年3月期決算や有価証券報告書のとりまとめが終わった段階で臨時株主総会を開催するとしており、取締役については臨時総会までの任期としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン