/

この記事は会員限定です

ドル、買い戻しのマグマ蓄積

米金利1%接近、円安反転うかがう

[有料会員限定]

外国為替市場で下落が続くドルに買い戻しのマグマが蓄積しつつある。これまでドル売りの主因となってきた米長期金利の低下が変調しつつあり、節目の1%に接近してきた。米金利上昇が勢いを増せば、それをきっかけにポジションの巻き戻しで円安・ドル高へ反転する可能性がある。もともと振れやすい年末年始の相場の動きに注意が必要だろう。

米商品先物取引委員会(CFTC)の通貨先物の建玉報告よると、11月24日時点で大口...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン