/

日経平均前引け 小幅続伸、5円高の2万6806円

3日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸した。午前終値は前日比5円39銭高の2万6806円37銭だった。新型コロナウイルス向けワクチンの普及で経済が正常化に向かうとの期待が相場を支えた。ただ、このところ急ピッチで上昇してきたため目先の利益を確定する目的の売りも出て、前日終値を挟んで一進一退の動きとなった。東エレクソフトバンクGの上昇が指数を押し上げた。他方、エムスリーダイキンなどが下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン