/

情報流出「さらに拡大の懸念」 年金機構理事長

衆院厚労委で謝罪する日本年金機構の水島藤一郎理事長。右は塩崎厚労相(3日午前)=共同

日本年金機構の水島藤一郎理事長は3日、衆院厚生労働委員会に出席し、約125万件の個人情報が流出した問題を巡り、被害が広がる可能性を問われ「さらに流出が拡大する懸念はある」と述べた。「警察に届けている(端末の)ログ(記録)を解析して頂いた結果を踏まえて分かる」という。「現在はネット環境などを遮断しているので流出はない」とも語った。民主党の大西健介氏への答弁。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン