/

この記事は会員限定です

バイデン次期政権「制裁関税撤回せず、米中緊張続く」

UBSグローバル・ウェルスのローズ氏

[有料会員限定]

来年1月に発足するバイデン米政権の行方について市場関係者などに聞く不定期のインタビューシリーズ。UBSグローバル・ウェルス・マネジメントの米州担当シニアエコノミスト、ブライアン・ローズ氏は「新政権は中国への制裁関税を取り下げず、米中関係は緊張状態が続く」と予想する。(聞き手はNQNニューヨーク 岩本貴子)

伝統的なインフラ投資も拡大へ

――バイデン氏が選挙中に掲げてきた公約は実現可能でしょうか。

「来年1月に実施されるジョージア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1011文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン