/

この記事は会員限定です

米株急落、どうなる東京市場 関係者の見方

[有料会員限定]

前週末(1月31日)の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比603ドル安の2万8256ドル03セントで終えた。新型肺炎の感染拡大で世界景気の不透明感が意識された。外国為替市場では円相場が1ドル=108円台前半まで円高・ドル安が進んだ。2月3日以降の東京市場はどう動くのか。市場関係者に話を聞いた。

長期金利、マイナス0.09%まで低下余地

六車治美・三菱UFJモルガン・スタンレー証券シニア・マーケットエコノミスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン