/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 接戦予想の米大統領選、リスク要因に

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=岩本貴子】2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前日比1.6%高の2万9100ドルだった。S&P500種株価指数やナスダック総合株価指数は過去最高値を更新し、強気相場は続く。ただ、11月の米大統領選が近づき、接戦となることによる混乱への警戒感は消えていない。

米CNBCは2日、ストラテジストらへの調査結果として「20人中14人がバイデン氏の勝利を予想している」と伝え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン