/

この記事は会員限定です

復活なるか野村株 バブル世代社長に託された「柔軟性」

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

「『モーレツ営業』返上のメッセージではないか」――。野村ホールディングス(8604)が2日に発表したトップ人事に対する第一印象だ。国内支店営業の経験が長い永井浩二グループ最高経営責任者(CEO)の後任に奥田健太郎グループ共同最高執行責任者が就く。

奥田氏は海外留学経験があり、投資銀行業務のエキスパートだ。記者会見の席に並んで座った永井氏と奥田氏が発するオーラは明らかに異なっていた。

この1年、野...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン