8/6 11:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,936,454億円
  • 東証2部 67,231億円
  • ジャスダック 93,357億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.70倍21.41倍
株式益回り5.34%4.66%
配当利回り2.09% 1.81%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,440.69 -74.16
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,390 -120

[PR]

国内株概況

株、米雇用統計で安心感(先読み株式相場)

2020/7/3 6:57
保存
共有
印刷
その他

3日の東京株式市場で日経平均株価は続伸しそうだ。市場予想を大きく上回る結果となった6月の米雇用統計を受け、前日の米株式相場が上昇したことが支えとなる。半面、新型コロナウイルスの感染拡大状況や企業業績を巡る不透明感などが引き続き相場の重荷となるだろう。3日は米国市場が休場のため、海外投資家の市場参加が減り模様眺めの雰囲気が広がる可能性が高い。市場には、25日移動平均が位置する2万2400円近辺が上値のめどとなるとの見方が多い。

2日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は前日比92ドル(0.4%)高の2万5827ドルで取引を終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、連日で最高値を更新した。

6月の雇用統計で非農業部門の雇用者数は前月比480万人増と市場予想(290万人増)を大きく上回り、雇用情勢の復調は想定以上との見方が広がった。一方、経済活動の再開で先行した南部のフロリダ州などで新型コロナの新規感染者数が過去最多を更新し、投資家の慎重姿勢を強める要因となった。

外国為替市場で円相場は1ドル=107円台半ばと前日17時時点とほぼ横ばい圏で推移。大阪取引所の夜間取引で日経平均先物9月物は、前日の清算値を130円上回る2万2310円で終えた。

日本時間今夜の米株式市場は独立記念日の振り替え休日のため休場となる。海外投資家の売買が細り、朝高後は膠着感を強めそうだ。8日と10日に集中する主な上場投資信託(ETF)の決算日に向け、分配金支払いのための現金を捻出するための売り観測も直近の日本株の重荷となっており、積極的に上値を追う姿勢は広がりにくい。

東京都内では前日、新型コロナの感染者が107人確認された。小池百合子都知事は店舗などへの休業要請には慎重な姿勢を示している。市場では「感染者数の増加自体、経済活動の正常化に対する投資家の警戒感を強めてしまうためネガティブ」(国内運用会社ストラテジスト)との声が出ている。感染者数を巡るヘッドライン(ニュースの見出し)が相場を上下させるリスクには留意が必要だ。

4~6月期の出荷台数が市場予想を大幅に上回った電気自動車(EV)のテスラが2日の米株式市場で急伸し、連日で上場来高値を更新した。同社に電池を供給するパナソニック(6752)のほか、EV関連銘柄の反応が注目される。

3日は取引時間中に6月の財新中国非製造業購買担当者景気指数(PMI)が公表される予定。中国景気に対する前向きな見方が広がる内容となれば、日本株の押し上げ要因となりそうだ。大引け後には年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による2019年度運用状況が発表される。

〔日経QUICKニュース(NQN) 長田善行〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム