時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,609,502億円
  • 東証2部 78,725億円
  • ジャスダック 102,004億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.26倍 --
株価収益率15.35倍16.23倍
株式益回り6.51%6.15%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

野村、19年度企業業績見通し「8期ぶり経常減益も」

2019/9/2 16:59
保存
共有
印刷
その他

野村証券は2日、2019年度の金融を除く主要企業の業績見通しが11年度以来8期ぶりに経常減益になる可能性があると発表した。現時点での経常利益は前年度比0.2%増とほぼ横ばいを見込むが、為替の円高や自動車や半導体市場の悪化、設備投資の手控えといった世界経済減速による影響が大きい。「業績予想の下方修正は続いており、減益に転換するリスクは否定できない」としている。

全19業種中、化学や自動車、電機・精密など14業種で経常利益予想を下方修正した。世界的な景気減速で、石化製品や半導体材料の需要が低迷しているほか、自動車は為替の円高や中国などの自動車需要の低迷などが響く。一方で通信や、医療・ヘルスケアなど5業種を上方修正した。

19年度の為替レートの前提は1ドル=107.72円(前回前提111.00円)、1ユーロ=121.62円(同125.00円)としており、円高方向への為替前提の変更が業績予想の下方修正の一因になっている。

20年度の経常利益は19年度比で7.0%増を見込む。従来予想の6.7%増から0.3ポイント上方修正した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム