/

この記事は会員限定です

「鬼滅の刃」GDPにもっと貢献 12月に基準改定

[有料会員限定]

大ヒットするアニメ映画「鬼滅の刃(きめつのやいば)」は、内閣府が12月に予定する約5年に1度の基準改定で国内総生産(GDP)にもっと貢献することになる。映画などの娯楽作品の原本を「資本」とみなし、民間設備投資にカウントするように推計方法を変えるためだ。全体へのインパクトは決して大きくないのが現状だが、日本のアニメ技術は世界に誇れる高さ。世界展開が進めば、経済成長率を大きく動かす日がくるかもしれない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1742文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン