2018年6月21日(木)

6/21 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ソフトバンク株主総会 孫氏「ユニコーン投資で成長」[有料会員限定]
  2. 2位: 米国株、ダウ7日続落42ドル安 貿易摩擦への懸念根強く、ナスダック最高値
  3. 3位: ダウ銘柄交代、フェイスブックが外れた理由[有料会員限定]
  4. 4位: 「上方修正期待」に暗雲 株、強気銘柄に売り圧力[有料会員限定]
  5. 5位: FRBパウエル氏 キーワードは「中立金利」[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,555.43 +276.95
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,480 +300

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ一時350ドル超下落 貿易摩擦への懸念続く

2018/3/3 0:08
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=松本清一郎】2日の米株式相場は大幅続落で始まった。ダウ工業株30種平均は午前9時50分現在、前日比319ドル安の2万4289ドルで推移している。376ドルまで下げ幅を広げる場面もあった。前日にトランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムに追加の輸入関税を導入する方針を表明、中国などとの貿易戦争の激化を懸念した売りが続いている。

 航空機のボーイングや建機のキャタピラーなど新興市場の売り上げ規模が大きい銘柄に売りが先行。ボーイングは3%強下落している。貿易戦争が米景気に与える影響や前日の長期金利の低下を警戒して、JPモルガン・チェースなど金融株の下げも目立つ。

 証券会社による目標株価引き下げが伝わったマクドナルドが4%超下げ、ダウ平均構成銘柄で最大の下落となっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム