/

東急社長、分社化する鉄道事業「中核事業なのは変わらない」

記者会見する東急の高橋和夫社長(2日、東京都渋谷区)

東急(9005)の高橋和夫社長は2日午前、都内で2030年度までの「長期経営構想」の発表に伴う記者会見で、分社化する鉄道事業について「今後も中核事業であり、中心に位置することは変わらない」と述べた。

同社は10月1日付で鉄道事業を「東急電鉄」として分社化する。これに伴い、きょう2日付で社名を「東京急行電鉄」から「東急」に変更した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン