経済対策を閣議決定 事業規模28兆円、国・地方の歳出7.5兆円

2016/8/2 16:16
保存
共有
印刷
その他

政府は2日夕、経済対策を閣議決定した。リニア中央新幹線の整備を最大8年前倒しするなどのインフラ整備や、年金の受給資格の25年から10年への短縮などを盛り込んだ。財政投融資などを合わせた事業規模は28.1兆円に上り、過去3番目の規模となった。

経済対策は「未来への投資を実現する経済対策」と銘打ち、国と地方の直接の歳出(真水)7.5兆円を投入する。国の支出は6.2兆円となる。

複数年度の執行となり、…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]