/

この記事は会員限定です

株、「黙って買う」局面は近い? 国内勢が描く二番底シナリオ

[有料会員限定]

2日午前の東京株式市場で、日経平均株価は前日比154円34銭安の1万7911円07銭と続落した。新型コロナウイルスの感染拡大で米株が連日で下げたのが重荷だった。トランプ米大統領が言う「厳しい2週間」で事態が好転するのか不透明だが、国内機関投資家が「期初の買い」に動くための条件も少しずつ見えてきたようだ。

「国内機関投資家はきょうも動いていないですね」。ある国内証券トレーダーはこう話す。2月以降の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン