/

麻生財務相、失業率低下「経済成長への影響を考えないといけない」

麻生太郎財務相は2日午前の閣議後の記者会見で、完全失業率の低下について「労働市場や経済成長にどういう影響を与えるか、いろんなことを考えないといけない」と述べた。

同日に総務省が発表した1月の完全失業率(季節調整値)は2.4%となり、1993年4月(2.3%)以来24年9カ月ぶりの低水準となった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン