2019年8月26日(月)

三菱商の今期、最終黒字4400億円に上方修正 原料炭価格の上昇で

2017/2/2 14:35
保存
共有
印刷
その他

三菱商事(8058)は2日、2017年3月期通期の連結最終損益(国際会計基準)が4400億円の黒字(前期は1493億円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想は3300億円の黒字だった。原料炭を中心に資源価格が想定よりも上昇したためで、期末配当金は従来予想より10円増やし40円(年間配当は70円)とする。

あわせて発表した16年4~12月期の連結決算は純利益が55%増の3715億円だった。豪州の石炭事業が市況改善で大幅な増益となった。サケ・マス養殖事業も好調だった。売上高にあたる売上収益は前年同期比13%減の4兆6890億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。