11月の軽含む新車販売、前年比12.7%減 台風の影響長引く

2019/12/2 14:54
保存
共有
印刷
その他

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2日発表した11月の新車販売台数(軽自動車含む)は、前年同月比12.7%減の38万5859台だった。減少は2カ月連続。前年同月が好調だった反動に加え、10月の台風19号など災害による影響が長引いた。

登録車の販売は14.6%減の23万8844台だった。ホンダ(7267)が37.5%減と大きく落ち込んだ。自販連は「小型車『フィット』の発売延期が響いているようだ」との見方を示した。半面、トヨタ(7203)の「カローラ」などは好調だった。

軽自動車は9.4%減の14万7015台と2カ月連続で減少した。三菱自(7211)が25.4%減、ホンダが23.9%減だった。全軽自協は「2カ月連続の減少が消費増税の影響とみるには時期尚早」との認識を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]