/

この記事は会員限定です

市場に跳ね飛ぶ"ぶり"銘柄 東急・学研HD……バブル後以来の高値も

[有料会員限定]

日本株相場の上昇とともに、数年来の高値を更新する「ぶり銘柄」が相次いで現れている。その顔ぶれをみると内需株が目立ち、東急や東武はバブル崩壊直後の1990年代前半以来の水準を回復。学研HDも96年10月以来、23年ぶりの水準を付けた。世界的な低金利環境下で、米中貿易摩擦の影響を受けにくく安定的な業績推移が見込まれる銘柄が「債券代替投資」の受け皿となる構図が続いているようだ。

東急の株価は11月11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン