/

この記事は会員限定です

株、「値付かず」明けの東京市場 漂う安堵感

[有料会員限定]

システム障害による売買停止から一夜明けた2日の東京株式市場。午前の日経平均株価は前日(9月30日終値を10月1日終値と認定)と比べ34円50銭(0.15%)高い2万3219円62銭となった。売買再開に市場関係者は胸をなで下ろしたが、買いの勢いは乏しい。

東京証券取引所は2日午前7時、同9時から通常通り株式などの売買を始めると発表した。売買停止が一日にとどまるなら、システム障害による相場への影響は限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン