安倍首相、EUとのEPA署名を表明 11日からベルギーなど訪問

2018/7/2 12:50
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は2日昼に首相官邸で開いた政府・与党連絡会議であいさつし、11日から18日にかけてベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトを訪問すると表明した。ブリュッセルでは日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)に署名すると明らかにした。その上で「(日本とEUのEPAは)アベノミクスの新しいエンジンになる」と話した。

6月に取りまとめた骨太の方針と未来投資戦略については「これらの方針を踏まえ力強い経済成長と財政健全化を実現していく」と述べた。さらに「今月上旬に経済財政諮問会議で予算の全体像を取りまとめた上で、来年度予算の概算要求基準を決定したい」と話した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]