2/20 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  3. 3位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  4. 4位: 東証、3市場移行は22年4月 「新1部」基準適用に猶予[有料会員限定]
  5. 5位: 円、9カ月ぶり111円台に下落 NY市場
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,368,849億円
  • 東証2部 73,901億円
  • ジャスダック 95,867億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.14倍15.86倍
株式益回り6.60%6.30%
配当利回り1.98% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,400.70 +206.90
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,370 +170

[PR]

国内株概況

株、「サンタラリー」日本が口火 任天堂・村田製高が見せた追い風

2019/12/2 12:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

12月最初の取引となった2日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、一時は2万3553円と11月12日の年初来高値(2万3520円)を上回った。米国の年末商戦への期待や中国の景況感改善を受けて世界景気への懸念がいくぶん和らぎ、買い安心感が広がった。米中貿易協議には先行き不透明感が色濃く残るものの、少し早めの「サンタ到来」を歓迎する投資家も多いようだ。

前週末の米株式相場は利益確定売りに押されて下落…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム