/

小野薬の今期、前期比2倍の523億円に上方修正 特許侵害で和解

小野薬品工業は2日、2017年3月期(国際会計基準)の連結純利益が、前期比2倍の523億円になる見通しだと発表した。従来予想を105億円上回る。特許侵害で訴えていた米企業と1月に和解し、頭金を受け取ることになったため。売上高にあたる売上収益は前期比50%増の2400億円とする従来予想を据え置いた。同社は16年12月に業績予想を下方修正していた。

あわせて発表した16年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比2.2倍の424億円、売上収益は68%増の1888億円だった。がん治療薬「オプジーボ」関連の収入が大幅に伸びた。研究開発費や人件費は前年同期より増加したものの、「オプジーボ」のロイヤルティー収入が膨らみ利益を押し上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン