/

資生堂、最大42万人の個人情報流出か 岩井副社長が会見で陳謝

資生堂(4911)は2日午後、化粧品販売を手掛ける子会社「イプサ」の公式通販サイトへの不正アクセスで、個人情報が流出した可能性があると発表した。流出した可能性があるのはクレジットカード情報で最大5万6121件、クレジットカード情報以外の住所や生年月日などで最大42万1313人。

資生堂の岩井恒彦副社長は同日午後、都内で記者会見し「システムの脆弱性により、ご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げる」と陳謝した。イプサによると、サイト以外でカード情報が不正利用された可能性があるという。

不正サクセスは11月4日に決済代行会社からの指摘で発覚した。流出した可能性があるのはイプサのオンラインショップで2011年12月14日から16年11月4日までに商品を購入した顧客のカード情報。カード情報以外はオンラインショップに登録した全ての顧客の情報としている。資生堂は再発防止に向けた調査報告書を来年1月末までにまとめる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン