/

この記事は会員限定です

市場関係者の「びっくり予想」、今年当たったのは

コロナ禍のひずみ、的中率を押し上げ

[有料会員限定]

激動の2020年も残り1カ月を切った。毎年、年末年始に市場関係者がまとめる「びっくり予想」で今年実現したものは――。主な予想を一足早く答え合わせしたところ、例年より的中率が高くなった。新型コロナウイルスの感染拡大はどの市場関係者も予想できなかったが、感染拡大と、経済への悪影響を抑えるための異次元の金融・財政政策が資産価格の急落・急騰を招き、例年なら実現可能性が低い「びっくり予想」に沿った出来事が続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1391文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン