7/13 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 危機下の預金・現金急膨張 コロナ後バブル生む?[有料会員限定]
  2. 2位: ファンケル、コロナでも増益 自前DXで販促素早く[有料会員限定]
  3. 3位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  4. 4位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

注目株概況

<東証>第一三共が5%安 ディフェンシブ銘柄に利益確定売り 学会発表も「想定内」

2020/6/2 13:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

(13時30分、コード4568)第一三共が下落している。一時、前日比498円(5.2%)安の9008円まで下げた。午後に入り下げ幅を広げた。相場全体の地合いが好転するなか、医薬など足元まで上昇が続いていたディフェンシブ銘柄の一角に利益確定の売りが広がっている。アステラス(4503)や塩野義(4507)、中外薬(4519)も下げている。

第一三共を巡っては、5月末に開かれた米臨床腫瘍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム