時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,413,851億円
  • 東証2部 73,279億円
  • ジャスダック 94,437億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率14.92倍15.61倍
株式益回り6.70%6.40%
配当利回り1.92% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,328.20 +186.65
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,310 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

国内株概況

株、「トランプ・ディール」に浮かれぬ市場 実体経済悪化に守り崩さず

2019/7/2 12:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら続伸した。前日比24円高の2万1754円で終えた。米中貿易摩擦の緩和を受けた世界的な株高で投資家心理が上向き、相場の支えとなった。だが、前日に急伸した銘柄には利益確定を目的とした売りが早くも目立ち、相場は再び膠着感を強めつつある。米中の対立緩和を印象づけた先週末の「トランプ・ディール」を受け前日の日経平均は令和最大の上げを演じたが、実体経済の悪化の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム