時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

米ナスダック最高値でも上値重く(先読み株式相場)

2020/7/2 7:01
保存
共有
印刷
その他

2日の日経平均株価は上値の重い展開となりそうだ。1日の米株式市場でナスダック総合株価指数が最高値を更新したことを追い風に、半導体関連などには好感した買いが入りやすい。とはいえ、国内外ともに新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒感は根強く、買いの勢いが増していく雰囲気は乏しい。米雇用統計の発表を日本時間今夜に控え、様子見ムードも広がりそう。5日移動平均(2万2235円)近辺が上値のメドとして意識されている。

1日のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日に比べ77ドル安の2万5734ドルで終えた。製薬大手のファイザーが新型コロナワクチンの臨床試験で良好な結果が得られたと発表したことを好感し高く始まったが、次第にコロナ再拡大を警戒した売りに押された。エクソンモービル、航空機のボーイングなどが下げた。

ハイテク株のウエートが高いナスダック指数は6営業日ぶりに過去最高値を更新した。電気自動車(EV)のテスラが連日で上場来高値を付け、時価総額でトヨタを上回った。米国のハイテク株の堅調さは日本の半導体関連や電子部品株の支えになるだろう。

ただ、コロナ感染再拡大で経済活動が停滞するとの懸念は消えそうにない。ニューヨーク市は6日に予定していたレストランでの店内飲食再開の延期を決め、アップルも米国内の30店舗を再閉鎖すると伝わった。

東京都では1日に確認された新型コロナの新規感染者数が緊急事態宣言解除後で最多となった。「5日投開票の東京都知事選が終われば、再び経済活動に制限が課せられるのではないか」(国内証券の情報担当者)との懸念も出ている。今春、東京五輪延期が決まってから行動制限が強まっていった経緯もあり、一部の市場関係者の疑心暗鬼につながっている。

米国は3日が独立記念日の振り替え休日となるため、6月の雇用統計が2日発表になる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム