/

この記事は会員限定です

LIBOR移行に期待と不安 代替指標「一本化」求める声も

[有料会員限定]

2021年末に廃止が見込まれる金融取引の指標「ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)」。日本銀行と金融庁が1日、主要金融機関の経営層に対応を促す通知を出すなど、廃止後を見据えて本格的に動き始めた。現状の動きと業界関係者の受け止めは。

「顧客の金融機関のサポート件数は、緊急事態宣言が出ていた期間も増え続けた」。PwCコンサルティングの安達哲也パートナーは話す。PwCは顧客企業の財務への影響を抑えつつLIBOR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン