/

この記事は会員限定です

米指標悪化、NYダウ343ドル安 市場はこうみる

[有料会員限定]

1日の米国株式市場で、ダウ工業株30種平均が前日比343ドル安の2万6573ドルと大幅反落した。この日発表の米サプライマネジメント協会(ISM)の9月の製造業景況感指数が10年3カ月ぶりの低水準となり、米景気後退に対する懸念が強まった。投資家のリスク回避姿勢が強まり、2日の東京株式市場でも日経平均株価が反落している。今後の市場の動きをどう見るか。関係者に聞いた。

【株式】

米中対立で企業心理悪化 通商協議を見極め

前野達志・岡三アセットマネジメント・シニアス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン