/

ワークマン、5月の既存店売上高19.4%増 客数が大幅増

ワークマン(ジャスダック、7564)が1日発表した5月の既存店売上高は、前年同月比19.4%増だった。客数が17.1%増と大幅に増加し、客単価も2%増だった。気温の上昇により、冷感素材の作業着や長袖Tシャツ、サマーカーゴパンツなどが伸びた。

新型コロナウイルス感染症対策として時短営業を最大で565店舗、土日や休日の臨時休業を165店舗で実施したが、既存店売上高は大幅増となった。同社IR部は、緊急事態宣言で全国的にショッピングセンターの休業などが相次ぐ中で「路面店の『ワークマン』は『密』な環境ではなく、買い物のしやすさが来店客の増加につながった面もあるのではないか」とみている。作業用だけでなく、自宅や自宅近辺で運動をする人などの需要を取り込んでいることも販売増につながったとみられる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン