10/23 6:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,474.27 -165.19
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,500 -150

[PR]

米国・欧州株概況

<米国>ベッド・バス&ビヨンド一時33%高、既存店売上高が14四半期ぶりに増加

2020/10/2 0:44
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】(米東部時間11時39分、コード@BBBY/U)1日の米株式市場で家庭雑貨小売り大手のベッド・バス・アンド・ビヨンドが急騰し、一時は前日比32.9%高の19.91ドルを付けた。1日発表した2020年6~8月期決算で既存店売上高が14四半期ぶりに増えた。業績不振が長期化していたが、ネット販売の伸びとコスト削減を通じた収益改善が鮮明になり、好感した買いが集まった。

6~8月期の既存店売上高は市場予想(2%減)に反して前年同期比6%増えた。実店舗は12%減ったが、ネット販売が89%増えた。ネット販売では約200万人の新規顧客を獲得した。既存店以外も含む全店の売上高は1%減の26億8796万ドルと、QUICK・ファクトセットがまとめた市場予想(26億3000万ドル)ほど落ち込まなかった。

最終損益は2億1790万ドルの黒字と、前年同期(1億3876万ドルの赤字)から黒字転換した。不採算事業の売却が利益を押し上げた。売上高総利益率は36.7%と10ポイント改善した。採算性が高い商品の販売が増えたほか、値引き販売の削減が貢献した。特別項目を除く1株損益は0.50ドルの黒字と、市場予想(0.30ドルの赤字)を大きく上回った。

新型コロナウイルスのまん延に伴う影響が不透明なため、通期見通しの発表は見送った。ただ、決算説明会で「9月の既存店売上高は6~8月期と同様の伸びが見られた」と説明した。

決算を受け、キーバンク・キャピタル・マーケッツ「巣ごもり消費の恩恵を受け、9月も堅調な既存店売上高の伸びが続いているのに勇気づけられた」と評価した。ロバートWベアードは財務状況の改善を背景に「経営陣は経営戦略の改革を進めやすい」とみて、一段の業績改善への期待を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム