/

この記事は会員限定です

<米国>ズーム14%安 成長の鈍化懸念と利益率悪化で

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=岩本貴子】(米東部時間11時25分、コード@ZM/U)1日の米株式市場でビデオ会議システムのズーム・ビデオ・コミュニケーションズ株が下落している。前日比14.2%安の410.22ドルまで売られた。11月30日夕に発表した2020年8~10月期決算は市場予想を大幅に上回った。一方、新型コロナウイルスのワクチン普及で経済活動の正常化期待が高まるなか、今後の成長鈍化への懸念が強まった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン