/

この記事は会員限定です

減少続く設備投資 資本財需要に内外格差

[有料会員限定]

国内の設備投資が弱い。1日発表の2020年7~9月期の法人企業統計(法人季報)では設備投資の減少が続いた。半導体製造装置や重電機器など資本財は、中国向けをはじめとする海外需要が持ち直しつつある半面、国内では設備投資の底入れがまだみえない。資本財需要には内外格差が生まれている。

財務省が発表した法人季報によると、7~9月期の全産業の設備投資(ソフトウエアを除く)は季節調整済みで前期比1.3%減と2四...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン