最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

中外薬の今期、コア営業益5%増 ロシュ向け輸出増

2018/2/1 17:46
保存
共有
印刷
その他

中外製薬は1日、2018年12月期の連結「コア営業利益」(国際会計基準)が前期比5%増の1080億円になる見通しだと発表した。薬価改定の影響により国内は減収見込みだが、親会社であるスイス医薬大手ロシュ向けの輸出増加や特許切れの医薬品の譲渡による収益が寄与する。売上高に当たる売上収益は1%増の5415億円を見込む。年間配当予想は前期並みの62円とした。同社は無形資産の償却費や減損損失などを考慮しないコア営業利益で業績予想を開示している。

併せて発表した17年12月期の連結決算は、純利益が前の期比36%増の727億円と過去最高となった。主力の抗がん剤「アレセンサ」の輸出が増加するなど海外向けの好調な販売が貢献した。

売上収益は9%増の5341億円だった。「アレセンサ」をはじめとしてロシュ向けの輸出増加が寄与した。抗インフルエンザ薬「タミフル」も国内の行政備蓄向けに伸びた。営業利益は29%増の989億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム