/

この記事は会員限定です

台湾株1日 4日ぶり反発、TSMCなど主力ハイテクに買い

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】1日の台湾株式市場で加権指数は4営業日ぶりに反発した。終値は前日比111.83ポイント(0.88%)高の1万2703.28だった。前日の米株式市場でハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が連日で過去最高値を更新し、台湾市場でも投資家心理が上向いた。加権指数は前日の8月31日までの3日間で1.9%下げており、値ごろ感からの買いが入りやすかった。

半導体の台湾積体電路製造(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン