/

この記事は会員限定です

人民元1年4カ月ぶり高値、市場の見方

[有料会員限定]

中国の人民元相場が上昇基調を強めている。1日の上海外国為替市場で対米ドル相場が続伸し、一時は1ドル=6.81元台後半と2019年5月10日(6.7940元)以来およそ1年4カ月ぶりの高値を付けた。1日に発表された財新の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が9年7カ月ぶりの高水準となるなど中国経済の回復観測に加え、米中の金利差拡大を見込んだ元買いが入っている。元高は当面続くのか、現地の市場関係者に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1402文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン